レベルアップをするから面白いのか?しないからつまらないのか?

こんにちは!

ところで、塾長の私ですがテレビゲームが大好きです笑

え!?塾の先生が、ゲームが好きなんて言っていいんですか?

いいんです笑

勉強って、ドラゴンクエストに似ているなって思っていて、ある意味とても勉強になるんです。

ドラゴンクエストって、

「 タタタタタッタターン ! 」というレベルアップの音楽が流れると

レベルアップをして、様々な技を覚えていくわけですが、

レベル1→2に上げるのと

レベル50→51に上げるのとでは、圧倒的に後者のほうが大変なんです。

ただし、

レベル5ぐらいで覚えるメラよりも

レベル40ぐらいで覚えるメラゾーマのほうが圧倒的に威力が強いんです。

 

多分、勉強にも似ていていて、

算数で習った九九は、比較的レベルが低いので誰もが苦手にならないと思うのですが、

算数で習う小数や分数

数学で習う関数や微積

などといった単元は、苦手なる子が多いです。

そこで挫折をし、もはや「あきらめる」という流れになっていくわけです。

これは、勉強全般に言えることですね。

 

つまり、レベルアップ半ばで、もうむり~~って断念することに似ているわけなんです。

私は好きなゲームは相当やりこみました。

結構どんなゲームでも平均以上にこなせてしまうくらいです。

定期テストや受験勉強などは、

ゲーム性を持つとよいのではないでしょうか?

・自分が決めた目標を達成するには、何をすればレベルって上がりやすいんだろう?

・勉強と遊びと部活の両立って本当にできないんだろうか?

・この科目が得意になったら、どんな世界が見れるんだろう?

過程の世界かもしれませんが、

何も考えずに言われるがままに勉強しているほどつまらないものはありません。

だって、

勉強って言葉 『 めっちゃつまらない 』じゃないですか笑

だから私は勉強より、趣味とか研究とかって言葉を好んでいます。

普段、私は勉強するときはそんな感覚です。

だから、理系なのに、日本史が得意という異質な性質になるんです笑

日本史が好きなのは、完全親の影響ですが笑

 

とにもかくにも、

自分が立てた目標が『ラスボス』だとしたら、

その先の裏ボスと戦えたら、さらなる成長ですし、

まずはラスボスを倒すまでの過程を楽しんでやることの方が良いと思います。

 

皆さん、勉強を短時間で根詰めてやりすぎなんです。

失敗してもOK。

計画的に余裕をもってやればいいんです!

それでは、まずはレヌール城で「おやぶんゴースト」の倒し方を教えましょう。

冗談です笑

楽しく成果を出しながら勉強しましょうね!

 

いつもにはないタッチでブログを更新してみました^^

たまには良いと思います!

 

 

Follow me!